ぶらり 鞆の浦での休息

2009年10月21日(水)SORAの徒然日記

今月は葬儀や何やらでバタバタしていて、、、

と言い訳をしてブログの更新がまたしても滞っていました。(汗)

僕が10月9日で33歳になったこともあり、

家族で少し”ゆっくり”できる場所に行ってきました。

タイトル通り鞆の浦に行ってきました。

鞆の浦は、今埋め立て問題で注目されていますよね。

実は、あの高架道路の設計は、広島県から委託で以前の事務所で僕がしたのです。

世間の逆風の中であまり言えないですが・・・

でも、地元の人とお話しした時に本音をお聞きしたら、

『埋め立ては反対だけど、道路が不便なことは事実だし、

このまま鞆のこと自体が忘れ去られてしまうと、

今よりもさらに過疎化の進んでしまう恐れがある。

だから、代替案を早急に検討してほしい。』と言っておられました。

 

今回の宿は、鞆シーサイドホテルの裏にある隠れ家的な宿(古民家)の作右衛門でした。

作右衛門(サクエモン)は江戸時代後期の建築物で

築後約140年の古民家を再生した宿です。

本当に心が安らぐ宿で、オープンしてまだ2週間しか経過していないそうです。

『絶対に、また泊まろうね!!』と家族と話したほどのお気に入りスポットになりました。

11月1日には作右衛門(サクエモン)のホームページも完成する予定とのことなので、

皆様も是非、ご注目くださいませ。

この場をお借りしまして、
この度私たちのお世話をしてくださいました佐藤様、
それからホテルの従業員の皆様には心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

外観写真だけご紹介を!!隠し部屋もあり必見です。

tomo-002.JPG

夕暮れ時の常夜灯の前で

tomo-000.JPG

常夜灯の前のcafeと右はいろは丸記念館

tomo-005.JPG

鞆の浦の港で獲れた魚介類でランチを作ってくれるcafeです。

tomo-004.JPG

cafeの前でsoraのワンショット

tomo-006.JPG

店内は古民家再生の落ち着いた雰囲気です。

DSC_0450.JPG

この壁、味がありますよね。

tomo-008.JPG

cafeの目の前には”ポニョ”の作者の宮崎さんが宿泊していた建物が丘の上に見えます。

tomo-003.JPG

鞆の町並みは風情があって、素敵な町でした。  石畳の路地裏通りで

tomo-001.JPG

期待以上の経験ができて、心も体もゆっくりできた一泊二日でした。

鞆シーサイドホテル 

〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆555 

TEL:084-983-5111  FAX:084-982-3121 

 

※当社ではインテリアショップ・コーディネートと共に、
広島市内の不動産物件の管理・不動産コンサルタントも行っております。
お住まいのトータルコーディネートは是非、Design Home Sora へ!!

電話:082-209-5430 住所:〒733-0842 広島市西区井口5-13-1 メゾンエイト 1階

コメントする

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります