出会い・・・偶然は必然

2010年3月 2日(火)SORAの徒然日記

現在このブログで大半の内容は”『白い箱とsoraの家』の工事報告”になっていますが、

完成引き渡しの3月13日が近付き、出会いの大切さをしみじみと今、感じています。

ここまで辿り着くのに3年かかりました。(いやー妻には苦労かけましたぁ。汗)

今だから思う、ここに来るための通らなくてはならない道だったのだなと感じています。

地域密着をうたう某ハウスメーカーとの感性のズレで契約を流して、

さてどうしようか??と悩んでいた時に

僕と同時期に独立起業した同年代の社長からの紹介で、

(この社長さんとの出会いについては、また書かせていただきます)

紹介されたのが、今施工担当をしていただいている株式会社ジューケンの吉川社長でした。

早速、次の日にお電話したのを今でも覚えています。

物腰の柔らかい話し方で打ち合わせのスケジュールを決めてからは、トントン拍子でした。

これは今までにない稀なことでした。(ハウスメーカーを5社断りました)

僕の建物に対する感性を理解していただける方はそうおられません(苦笑)

自分でも反省することは多々あります。

僕は以前、設計事務所にいたので自分なりのデザインが頭の中に詰まっていて

たいていのハウスメーカーの営業マンクラスでは理解できるはずもないし、

当然、提案してきても僕と意見がマッチングするはずもありません。

でも吉川社長は、前者とは全然違っていました。

よく僕の思いを理解してくださいました。

僕のような若造が図面を何回も訂正して、FAXし『このようにしてください。』とか

『正面の壁は全体が斜めに傾いて、内側の壁も並行して傾けてください。』とか・・・・・・

(今書きながら、自分のことを本当にめんどくさいと思います)

予算に限りがありにも関わらず、無茶な注文をよくここまで取り入れてくださいました。

そして何より、一緒に作り上げていく楽しさがたまりませんでした。

ここでは書ききれないことが、まだまだありますが、吉川社長には

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、ジューケンさん松島さん、窪田さん、東さん、築地さん、山根さん、空田さん

スタッフの方々正田大工各職人さんのサポートがあったからこその完成です。

本当に本当にジューケンファミリーの皆さん『本当にありがとうございました。』

あっ、完成までもう少しでしたが、今日は書かずにはいられない気持ちだったので、

フライングしちゃいました(汗)

残すところ僅かですが、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(2)

kuさん、もったいない御言葉、誠に有難うございます:yoshiです。ウットリするような”SORAの家”が出来上がりましたね!kuさんと私共の感性がピッタリとマッチした、最幸の”とっておきの家”です!!大変な仕事でしたが、かかわらせて頂いた全てのメンバーが本当に気持ちの良いモティベーションで仕事をさせて頂いたことはkuさんの素敵な人柄の賜物だと確信しています。。。(勿論、奥様もsoraくんも最幸です♪)kuさん一家、そしてsora designさんの繁栄を心より祈念致します!今後共、宜しくお願い致しますネ(^^)

yoshikawaさんへの返信

コメントありがとうございました。こちらこそ引き続きどうぞよろしくお願いいたします。(^^)

コメントする

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります