ハンス・J・ウェグナー ミュージアム

2010年6月10日(木)SORAの徒然日記

デンマーク出張の2日目の午後はハンス・J・ウェグナー ミュージアムに立ち寄りました。

ハンス・J・ウェグナーの生まれた町は何度も戦争に巻き込まれて

ドイツ領になったようです。

ミュージアムの入り口のショット

Dk-002.JPG

中には沢山の芸術品が展示されていました。

そしてウェグナーの写真とポスターが飾られていて

Dk-003.JPG

塔の中にはハンス・J・ウェグナーの有名な椅子ばかりがぎっしりと並んでいました。

Dk-005.JPG

塔の最上階は、有名な写真のひとつでもありますが、このショットです。

Dk-004.JPG

PP503 The Chair がこんなにたくさん置いてあるのは初めて見ました。

最上階から見たハンス・J・ウェグナーの誕生した街です。

Dk-006.JPG

綺麗な街ですが、決して裕福ではなかったようです。

戦争にも何度もあったこの街にいたからこそ、

ハンス・J・ウェグナーの才能は開花したのでしょうと教えてもらいました。

このミュージアムの写真は日本に戻り、Sora Design(ソラデザイン)にて展示いたします。

夕方少しだけショッピングに歩きました。

Dk-008.JPG

実はこの写真夕方5時過ぎのものです。

デンマークのこの時期は日照時間が長く夜の9時半くらいまで明るいです。

そしてもう一つ驚いたのは、どのお店も6時には閉店するということ。

家族との時間を大切にする国民の当たり前の日常の風景に、カルチャーショックを受けました。

コメントする

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります