まずは出来ることから

2011年3月13日(日)SORAの徒然日記

去る3月11日午後に発生致しました東北地方太平洋沖地震において被害を受けられた方々に

心よりお見舞い申し上げます。

甚大な被害を及ぼし続けている東北地方太平洋沖地震にて亡くなられた方々に

哀悼の意を表すとともに、まだ救出されていない方々の一刻も早い救出を願い続けております。

また、被災者の皆様および親族、関係者の皆々様に心よりお見舞い申し上げ、

1日も早い被害からの復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

毎日のテレビからのマスコミ報道で被災した街の映像を見ていると言葉がありません。

被災地には僕の友人やブレーンが沢山います。

殆どの人と連絡が取れたましたが、未だとれない人もいます。

こんな時僕に何か出来ないだろうか?

関東や東北地方では25%の電力不足の為、

計画停電や地方からの電力融通を進めるとのこと。

中国地方からの電力融通が可能かどうかは僕にはわかりませんが、

まずできることから始めようと、消費エネルギーを減らすことにしました。

インテリアショップの照明も必要なもの以外は消して、待機電力のコンセントは抜いて

車で移動することを最小限にとどめて、公共の乗り物や自転車・徒歩で移動し、

被災地の方々に少しでも多くのエネルギーが供給されるように。

ガソリンも本当に不足しているとのこと。物資の輸送も困難と言われています。

なのでお金で解決という気持ちはありませんが、今一番正確にお手伝いできる方法は

被災地への義援金だと思います。

 

まずはライフラインですが、一日も早い復旧と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

コメントする

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります