建築家、三分一博志さんの講演会 - 広島アンデルセン

2014年6月 3日(火)Making of 「Sora Design Shop」
bl-2486.jpg

今日は納品ラッシュでしたが午後2時に広島アンデルセン4階で開催された

建築家、三分一博志さんの講演会に参加してきました。



三分一さんのProjectはこのテーマと同じく地球に知的に住まう。

つまり『自然』や『環境』に『建築』が溶け込む方法を探求されています。

お話しの中で例えとして、室町時代の棚田の話をされました。

ある視点では山を切り開いて棚田を造る行為は、環境破壊ともとれるもの。

でも、400年以上の時を経てその風景を見た僕たちがそれを『美しい自然の

風景』と感じるなら、その棚田は『自然の風景』自然と構造物が溶け込んだ

風景になる。

bl-2488.jpg

環境を把握し建築をするなら、数百年後の人々がその建築物を見た時に美し

い風景となる。



やはり素晴らしいお話しが聞けました。2時間があっという間でした。

これまでも山口や直島や宮島でのProjectから沢山の刺激を受けてきました。

これからスタートする原爆ドーム横の広島マツダビルのProjectのお話しも

聞けてワクワクしました。ピースタワーの完成が楽しみです。

あるもので、無いものを作り出す。深いお話しでした。

その後アンデルセンの美味しいパンで満たされましたw

コメントする

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります